赤ちゃんの日焼け止めランキング@紫外線吸収剤不使用

日焼け止め 赤ちゃん 紫外線吸収剤不使用

 

赤ちゃんは何ヶ月から日焼け止め使える?必要なの?

 

赤ちゃんに日焼け止めを塗ることについて、残念ながら日本ではまだ習慣が定着していないように見受けられます。しかしながら赤ちゃんの皮膚が未成熟で薄く刺激に弱いことは言うまでもなく、考えてみれば日焼け止めが必要なことも当然と言えますよね。大人の厚い肌でさえ、直射日光にさらされ続ければサンバーンで赤くなりますし、無防備に直射日光を浴び続ければ皮膚ガンの原因にもなります。そして赤ちゃんの肌ではその影響はさらに強まるのです。

 

では、赤ちゃんは生後何ヶ月くらいから日焼け止めを使えるのでしょうか?当然ですが日焼け止めを塗ること自体も刺激であるため、必要がなければ塗らないのがベストであるわけです。であれば、基本的に外に出歩くことのない2〜3ヶ月くらいまでは日焼け止めを塗る必要はないでしょうし、それまでの期間は特に肌がデリケート故に塗らない方が好ましいのです。もちろんこの期間は、室内においても直射日光が当たらないようにカーテンや衣類を調節する必要があります。

 

そして、だっこして外に連れ出したりするようになったら日焼け止めを使う必要が出てきます。もちろん家庭によって違うでしょうが、一般的には3〜6ヶ月頃でしょうか。ただし日焼け止めを塗ったらそれで万全というわけではありません。日傘や衣類で直射日光をきちんと防いであげた上で、それでも反射して入ってくる紫外線を防ぐために日焼け止めを使うのです。

 

赤ちゃんのための日焼け止めの選び方

 

日焼け止めは大人の肌にとっても相性が出やすいアイテムですから、赤ちゃんにとってはなおさらです。そこで、赤ちゃん用の日焼け止めには十分に低刺激で肌に優しいものを選んであげる必要があります。

 

日焼け止めを選ぶ指標となるのがSPFです。SPFは紫外線をどれだけ防げるかを示す重要な指標であり、SPFが倍になれば紫外線を浴びても影響が起きるまでの時間が倍になります。したがって数値自体は高ければ高い方が防御能力が高いことは間違いないのですが、高いSPFを実現するためには肌に負担がかかる成分を配合しなければならず、またその成分が紫外線を集めて反応したときに肌に影響を及ぼすため、そのことを考えると大人にとっても一概に高SPFが好ましいとは言えません。そして高SPFを実現するために配合されているのが紫外線吸収剤です。

 

したがって、赤ちゃんのための日焼け止めとしては@紫外線吸収剤が不使用なもの、AできるだけSPFが高いものという優先順位で選ぶことになりますが、もともと赤ちゃんの肌は脆弱であり、日焼け止めを塗っても塗らなくても直射日光に耐えられるものではありません。赤ちゃんに日焼け止めを塗る理由は、日傘や衣類で直射日光を防いでもなお脅威となる反射による紫外線を防ぐためです。ですから、高いに越したことはありませんがことさら高SPFを求める必要はなく、紫外線吸収剤不使用でオーガニック成分による紫外線散乱剤を配合している日焼け止めを選べばいいでしょう。

 

赤ちゃんの日焼け止めの使い方

 

繰り返しになりますが、赤ちゃんの皮膚は非常に敏感で脆弱なため、日焼け止めの使用法にも注意が必要となってきます。とにかくたくさん塗ればいいというわけではありませんので、適切な使用法を覚えておきましょう。

 

まず、日焼け止めの量は多くても少なくてもいけません。一般的に自分の肌に塗る場合、日焼け止めは少なく塗りがちであり、500円玉程度の大きさに日焼け止めを出して顔に伸ばすなどといわれますよね。赤ちゃんの顔の大きさは大人のそれとはだいぶ違いますが、使用する日焼け止めの量は基本的に大人と同じ量を目安に使うべきと言われます。実際に塗ってみると結構な量に感じますが、塗りむらや薄い部分ができないようにしっかり伸ばすとそれほど多い量ではないと感じることと思います。

 

また、日焼け止めは一度塗ったら一日塗りっぱなしでいいわけではありません。どんな低刺激のオーガニック製品であっても日焼け止めは肌への負担となりますので、外出を終えたらしっかり落として、再度必要になったら塗り直すのが基本です。塗りっぱなしにしていると日焼け止めの効果も落ちますので、横着してはいけません。赤ちゃんの肌にあまり高SPFなものは使えませんので、それを考えると長くても一度塗った日焼け止めが有効なのは2〜3時間が限度と考えましょう。落とすときももちろん赤ちゃん用の洗顔料などを用いて落としましょう。大人用の化粧落としなどは脱脂力や刺激が強すぎて赤ちゃんの肌には使えません。

 

日焼け止めと虫除けの重ね塗りより一緒になった商品が良い

 

赤ちゃんの肌に使うケア製品と言えば、日焼け止めと並んで虫除けがあります。赤ちゃんが虫に刺されると予想だにしないようなアレルギー反応が起きる危険性があり、またそうでなくても刺されたかゆみで赤ちゃんがぐずってしまったりつらそうにしているのを見ると、やはり虫除けは必要だと感じますよね。そして日焼けと虫除けが一緒になったオールインワン商品は意外と多く、両方とも必要な場合はそのような商品を使うことが勧められます。では、日焼け止めと虫除けが一緒になった商品は何がいいのでしょうか?

 

実は、日焼け止めと虫除けを重ね塗りすると想定外の副作用や効果減衰を招くことがあります。これは海外で実例が多く、重篤な副作用を引き起こした例もあります。日本で使われている日焼け止め・虫除けには、併用によって危険な症状を起こす成分は含まれていないはずですが、重ね塗りにより効果が減衰することは確かです。日焼け止めを先に塗ると虫除けの成分が拡散しにくくなるため効果が低下し、逆に虫除けを先に塗ると日焼け止めの肌なじみが悪くなり効果にムラができてしまいます。

 

そこでオールインワン商品なのです。日焼け止めと虫除けの成分が両方とも含まれている商品ならば、重ね塗りによる効果減衰はもちろん起きませんし、また併用すると危険な成分なども当然チェックして作られていますので安全です。何より一度塗るだけでよく便利ですから、夏にはこのような商品を利用することをお勧めします。

 

日焼け止めが塗れない赤ちゃんの紫外線対策は?

 

日焼け止めはいかに低刺激なオーガニック製品だとしても刺激には違いないため、赤ちゃんの肌質・体質によっては塗るとかぶれたり赤くなったりすることがあります。そうなれば当然日焼け止めを塗ることはできないのですが、その場合は赤ちゃんの紫外線対策をどうしたらいいのでしょうか?それとも外に出せないのでしょうか?

 

日焼け止めが塗れない場合、やはり物理的に紫外線をカットすることが重要になります。日傘を差すことはもちろん、赤ちゃんの衣類も薄くて暑くなく、かつ遮光性のある長袖や上着などを着せることで、できるだけ生で紫外線に晒させないように気をつけます。また紫外線は地面などに当たって反射するため、下から跳ね返ってくる紫外線を防ぐためのガードなどもあります。

 

また、日焼け止めの紫外線防御効果には遠く及びませんが、天然油脂の一部が紫外線を若干ながら防御する性質を持ちます。例えばオリーブオイルやココナッツオイル・シアバターなどが該当し、オリーブオイルの抗酸化作用は紫外線を受けた肌が活性酸素を放出したときにそれに対する防御作用も担うため効果的です。ただしこれらの天然油脂に過敏反応が出ないかどうかもあらかじめチェックしてから使わなければなりません。

 

日焼け止めが使えない場合、どうしても万全と言えるような代替の対策はありませんが、少なくとも物理的なガードさえしっかりし、特別に日差しが強い日などは外出を避けるようにすれば、少なくとも無対策よりはずっと赤ちゃんの肌をいたわることができるはずです。